自分の音楽活動を宣伝してみませんか?(こちらをクリック)

Send/Return(センドリターン)を使ってエフェクトをかける!

Daw

今回はSend/Return(センドリターン)を使ってエフェクトをかける方法を紹介していきます!

Send/Returnを使う事で、効率的かつPCの負荷を抑えたミックスを行う事ができます!

使い所や、メリット、設定の仕方を紹介していきます!

スポンサーリンク

Send/Returnについて

Send/Return(センドリターン)は、トラックの出力を分岐して片方のトラックにエフェクトをかけます!

『元のトラック』と『エフェクトをかけたトラック』をミックスして使います!

Send/Returnを使ったミックス方法はいくつかありますが、代表的な使い方は空間系エフェクト(リバーブ/ディレイ)の共有になります!

これ以外にも『音作り』や『パラレルコンプ』など様々な使い方があります!

メリット

Send/Return(センドリターン)を使うメリットはPCの負荷を軽減させる事ができる事です!

空間系エフェクトはCPU使用率の高いため、各トラックにインサートしてしまうとPCに多くの負荷がかかって効率的に作業する事ができなくなります。

同じ空間系をかける場合はSend/Returnを使う事でPCの負荷を抑える事ができます!

スポンサーリンク

Send/Returnの使い方

今回は代表的な空間系エフェクトで使い方を紹介していきます!

Dawによって言い回しや手順が若干違うかもしれませんが、基本的な流れは同じなのでお使いのDawに合わせて進めてください!

手順1:トラックのSendからAUXトラックを作成

目的のトラックのSendからBusを選択します!

Dawによっては、先にAUXトラックを作成してインプットからBusを選択します。

そのあとに目的のトラックのSendからAUXトラックと同じBusを選択します。

手順2:AUXトラックにプラグインをインサート

作成したAUXトラックに空間系エフェクトをインサートします!

空間系プラグインのDry/WetまたはMIXで、原音を消してエフェクトの音だけにする!

手順3:エフェクトのかかり具合を調整

Sendの送り量を調整する事で、エフェクトのかかり具合を調整する事ができます!

空間系エフェクトを共有したい場合は、作成したAUXトラックのBusにルーティングすれば共有できます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Dawミキシング
スポンサーリンク

メルマガのご案内
潮DTMブログの最新記事のご紹介や
DTM製品のお得なセール情報など
DTMerに役立つ情報を配信中!!

登録はこちら!
メルマガ登録

友だち追加

潮をフォローする
潮DTMブログ
タイトルとURLをコピーしました