自分の音楽活動を宣伝してみませんか?(こちらをクリック)

Busを使って複数のトラックを1つにまとめて処理する方法!

Daw

今回はBusを使って複数のトラックを1つにまとめて処理する方法を解説していきたいと思います!

複数のトラックを1つにまとめる事で、音量管理や一括で処理を行ったりと様々な利点があり、効率的に作業する事ができます!

使い所や、メリット、設定の仕方を紹介していきます!

スポンサーリンク

Busでトラックをまとめる

この使い方は、複数のトラックを1つのトラックに集約して管理する方法になります!

使い所に制限はなく、まとめて管理したいトラックで使う事ができます!

ドラムを例としてあげると、ドラムは『キック/スネア/ハイハット/タム/シンバル…』のように複数のトラックで1つの楽器として構成されています。

このような際に、各トラックを1つにまとめてドラムトラックとして管理する事ができます!

メリット

複数のトラックを1つのトラックまとめる事で様々なメリットがあります!

一括でEQやコンプなどの処理を行う事ができるので、さらに作り込んだミックスを行う事ができます!

一括で音量を操作やソロ/ミュートする事ができるので、効率的なミキシングができます!

また、この方法を利用したミックスのテクニックとして『バスコンプ』という、音のまとまりを良くして統一感をだす方法がありますので、参考にしてみてください!

デメリット

この方法で音をまとめる場合、1つデメリットがあります。

大元のトラック(上記画像:キック/スネア/ハット/タム)にセンドを使用して空間系エフェクトなどをかけた場合、複数のトラックをまとめたトラック(上記画像:ドラム)の音量をミュートしても、センドで送った空間系エフェクト(AUXトラック)の音はなり続けます。

解決策

センドで送った空間系エフェクト(AUXトラック)のアウトプットを、複数のトラックをまとめたトラック(上記画像:ドラム)のインプットのBusに設定してあげることにより、問題を解決できます。

設定

Busを使って複数のトラックを1つのトラックまとめる方法を解説していきます!

まとめたいトラックのアウトプット設定からBusを使ってAUXトラックに送ってあげる事で、1つのトラックにまとめてあげる事ができます!

各トラックを送ったAUXトラックを操作する事で、一括で操作を行う事ができます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Dawミキシング
スポンサーリンク

メルマガのご案内
潮DTMブログの最新記事のご紹介や
DTM製品のお得なセール情報など
DTMerに役立つ情報を配信中!!

登録はこちら!
メルマガ登録

友だち追加

潮をフォローする
潮DTMブログ
タイトルとURLをコピーしました