自分の音楽活動を宣伝してみませんか?(こちらをクリック)

【Logic Pro X】ピッチ補正ができるFlex Pitchの使い方!!

ピッチ補正

皆さんレコーディングの際に、ピッチの多少のズレが出てしまった事があると思います、打ち込みベースの楽曲だとこの多少のズレが物凄く気になってしまい楽曲のクオリティーを下げてしまうこともあります!

Logic Pro Xの純正機能『Flex Pitch』を使って、楽曲に馴染ませるためのピッチ補正の使い方をご紹介します!!

純正機能だけで出来るので、初心者DTMerの方でも簡単に補正する事ができます!

また別記事にてLogic Pro Xのリズム補正『Flex Time』も解説しています!

スポンサーリンク

Flexについて

FlexとはLogic Pro Xの補正機能のことで、ピッチ補正の際に使用する『Flex Pitch』、リズム補正の際に使用する『Flex Time』の二種類があります。

この二種類のFlex機能を使いこなすだけで、ズレてしまった箇所を補正し使えるオーディオトラックに仕上げる事が可能です!!

今回はピッチ補正なので『Flex Pitch』を使っていきます!

Flexの使い方

1・アレンジ画面で補正したいトラックのリージョンをダブルクリックしエディター画面を表示させる。

2・Flexボタン(下記画像の赤枠)を押しリージョンを解析する。

3・使用したい補正方法を選択。(下記画像の黄色枠

※今回は『Flex Pitch』を選択。

スポンサーリンク

ピッチ補正(Flex Pitch)

Flex Pitchでは6種類(Pitch / Fine Pitch / Pitch Drift / Formant Shift / Vibrato / Gain)のピッチ関係の補正が可能です。

ピッチ補正は音程の補正だけでなく、そのほかの補正ツールも並行して使うことにより、より自然で楽曲に馴染みやすいピッチ補正を行う事ができます。

ここでは6種類の補正ツールについての解説と使い方をご紹介します!

Pitch(ピッチ)とは

まず初めにPitchとは音程のことを言います。

Pitchはズレてしまた音程を正しい音程に補正できるツールになります。

ピッチ補正において一番メインになるツールです。

Fine Pitch(ファイン ピッチ)とは

Fine Pitchとは細かい単位(1セント=1/100半音)でピッチ修正が行えます。

Pitchは音程単位で修正するのに対してFine Pitchは細かく修正できるので、微調整などで補佐的に使うことになります!

Pitch Drift(ピッチ ドリフト)とは

Pitch Driftとは指定しているノートの前後の音程を修正する事ができます。

ここを調整することにより、前のノートや後のノートとの繋がりを綺麗に仕上げたり、しゃくりを調整したりできます!

Formant Shift(フォルマント シフト)とは

Formant Shiftとは声質を変化させる事ができます。

メロディーの一瞬だけ声質がおかしくなってしまった際に修正する事ができます。

また音作りとして、わざとFormantをいじり特殊な声質に変更することもできるので、楽曲制作の中に取り入れてみても面白いでしょう!

スポンサーリンク

Vibrato(ビブラート)とは

Vibratoとはビブラートの強弱を調整する事ができます。

ここを調整することにより、メロディーの語尾に特徴をもたせたり、楽曲に馴染むようなビブラートに補正する事ができます!

Gain(ゲイン)とは

Gainとは選択しているノートの音量を変更する事ができます。

ここを調整することにより、一瞬引っ込んでしまった(音量が小さい)箇所を持ち上げて聞こえやすくする事ができます!

この機能は音量の変化があるのでComp等のダイナミクス系のプラグインを使用してる場合は音量管理に注意してください!

スポンサーリンク

Flex Pitchの使い方

1・ノート本体(Pitch)、ノートの上下にある丸が各パラメーター

2・補正したい箇所を掴んで上下する事により修正が可能。

スポンサーリンク

まとめ

今回はピッチ修正の機能Flex Pitchについての解説でした!!

楽曲においてPitchのみ修正だと、どうしても不自然な箇所が出てくる事があります、そのような際はぜひPitch以外のツールで一歩踏み込んだ補正を行なって見てください!

そうする事により、より自然で楽曲に馴染む補正が行えると思います!!

またFlex Pitchなどのピッチ補正ツールを使う事により、ケロケロボイスなどの特殊なサウンドを作り出すことも可能なので、音作りとして使用して楽曲のクオリティーを上げるのにも使えます!

特殊なサウンドの作り方に関しては長くなりそうなので、また別の記事にて紹介させてもらいます!!

created by Rinker
¥3,366(2020/04/05 15:21:44時点 楽天市場調べ-詳細)

リズム補正のできるFlex Timeの記事はこちら!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ピッチ補正Daw
スポンサーリンク

メルマガのご案内
潮DTMブログの最新記事のご紹介や
DTM製品のお得なセール情報など
DTMerに役立つ情報を配信中!!

登録はこちら!
メルマガ登録

友だち追加

潮をフォローする
潮DTMブログ
タイトルとURLをコピーしました