自分の音楽活動を宣伝してみませんか?(こちらをクリック)

【DTM】Bus(バス)とは?Busの使い方を解説!

基礎知識

今回はBus(バス)について解説していこうと思います!

Bus使う事で、マスタートラック以外の出力先に音を送ってあげる事が出来ます。ミックスやレコーディング、音作りといった様々な箇所で使用する事になります!

『効率的な作業方法』や『Busを使わないとできない事』などの、Busを利用した代表的な使い方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

Bus(バス)とは?

まず初めにBus(バス)について解説していきます!

デフォルト

Dawのデフォルト設定時の音の流れは『音源』⇨『トラック』⇨『マスタートラック』⇨『スピーカー』になります。

アウトプットをBusに変更

トラックの出力先を『マスタートラック』以外にしたい場合に、Busトラックを使用することになります!イメージとしては、音の通過点と言えば分かりやすいですかね?

Busトラックを利用することにより、レコーディング時のモニター用にアウトプット出力を分けたり、各トラックを1つにまとめてあげたり、音作りに利用したりと様々な使い方ができます!

SENDを利用

また、AUX(オグジュアリー)トラックに空間系のエフェクトをインサートして、SEND(センド)でコントロールする方法もBusを使って接続されています!

スポンサーリンク

Busの使い方

Busを使った代表的な使い方をいくつかご紹介します!

今回紹介する使い方以外にも様々な事ができるので、色々試してみてください!

複数のトラックを1つにまとめて管理する

この使い方は、複数のトラックを1つのトラックに集約して管理する方法になります!

ドラムを例としてあげると、ドラムは『キック/スネア/ハイハット/タム/シンバル…』のように複数のトラックで1つの楽器として構成されています。

このような際に、各トラックのアウトプット設定で同じBusに送ってあげる事により、ドラム(Auxトラック)として、まとめてあげる事が出来ます!

ドラム全体にEQやコンプなどの処理や、音量の管理が効率的に行えます!

Send/Returnで空間系エフェクトを管理する

この使い方は、SEND(センド)を利用してトラックの出力をパラレル(分岐)する事で、空間系エフェクトを管理する方法になります!

SENDから指定のBusを選択し、AUXトラックに空間系エフェクトをインサートします。

あとはSENDの送る量を調整してあげる事により、空間系エフェクトのかかり具合をコントロールする事ができます!

レコーディングのモニター

この使い方は、SEND(センド)を利用してトラックの出力をパラレル(分岐)する事で、モニター用の回線を立ち上げる方法になります!

SENDから指定のBusを選択し、AUXトラックのアウトプットをメインアウト(1-2ch)以外にします。

あとはSENDでモニターに送る音量を調節すれば、ミックスのバランスを崩さずモニターを作成する事が出来ます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
基礎知識Daw
スポンサーリンク

メルマガのご案内
潮DTMブログの最新記事のご紹介や
DTM製品のお得なセール情報など
DTMerに役立つ情報を配信中!!

登録はこちら!
メルマガ登録

友だち追加

潮をフォローする
潮DTMブログ
タイトルとURLをコピーしました