自分の音楽活動を宣伝してみませんか?(こちらをクリック)

プラグイン

Channel Strip

【iZotope】Neutron3/Ozone9の自動機能を使って楽曲を仕上げてみる!

iZotope社のNeutron3とOzone9に付属しているAIにより自動でミックス/マスタリングを行なってくれる機能『Mix Assistant/Master Assistant』だけを使って、どれくらいの楽曲が仕上がるのか検証しています!
Channel Strip

iZotope Ozone 9の新機能『Match EQ』の使い方!

iZotope Ozone 9の新機能『Match EQ』の使い方を解説しています!Match EQは、リファレンス音源(参考音源)の周波数を分析して、その結果を楽曲に取り入れることの出来る機能になります!使い方も非常に簡単なので、ぜひ参考にしてみてください!
Channel Strip

iZotope Ozone 9の新機能『Low End Focus』の試聴&使い方!

iZotope Ozone 9の新機能『Low End Focus』の試聴&使い方を解説しています!Low End Focusはローエンド(低音)処理に特化した機能になります!使い方も非常に簡単で、サウンドの印象もガラッと変えられるので、ぜひ参考にしてみてください!
Channel Strip

iZotope Ozone 9の新機能『Master Rebalance』の試聴&使い方!

iZotope Ozone 9の新機能『Master Rebalance』の試聴&使い方を解説しています!Master Rebalanceは、2mix音源のボーカル/ドラム/ベースの音量をコントロールすることができます!使い方も非常に簡単なので、ぜひ参考にしてみてください!
Channel Strip

iZotope Ozone 9 新機能の使い方を徹底解説&Ozone 8と聴き比べ!

iZotope Ozone 9 新機能の使い方を徹底解説しながらメリット/デメリットやAIによる自動マスタリング機能『Master Assistant』などの聴き比べをしてます!またOzone 8との聴き比べや処理内容の比較を行なっていますので、ぜひ参考にしてみてください!
Stereo Enhancer

Waves【S1 MS Matrix】の使い方!MS処理の設定を解説!

Wavesからリリースされている【S1 MS Matrix】の使い方を解説しています!S1 MS Matrixは簡単にMSデータを作れるため、効率的にMS処理を行うことが出来ます。また、MS非対応のプラグインを使うことも可能です!ぜひ参考にしてみてください!
EQ

FabFilter:Pro-Q3【ダイナミックEQ】設定&使い方を解説!

FabFilter:Pro-Q3のダイナミックEQの設定方法、使い方を解説しています!またサイドチェインを利用してトリガーさせる方法も合わせて紹介しています!ダイナミックEQは帯域を均一に整えたり、トラック同士の絡みを良くしたりと使い所はたくさんあるので、ぜひ参考にして見てください!
EQ

FabFilter:Pro-Q3のマスキング機能の設定&使い方を解説!

FabFilterのPro-Q3に付属しているマスキング機能の設定方法や使い方について解説しています!マスキング機能を使いことにより、トラック同士の周波数や『かぶり』を視覚的に確認する事ができます!作業効率の向上やイコライジングの勉強などに使える有能な機能なのでぜひ参考にしてみてください!
アンプ

BIAS Amp 2とMarshall【JCM800】の音を比較してみた!

今回はBIAS AMP 2【アンプシミュレーター】とMarshall/JCM800【本物のアンプ】を使ってプロギターリスト協力のもと音の比較をしてみました!シミュレーターの再現度やアンプの良さなどについて解説しています!是非、参考にしてみてください!
EQ

FabFilter:Pro-Q3のアナライザーの設定と使い方を解説!

FabFilter/Pro-Q3のアナライザー機能について設定方法や使い方を解説しています!アナライザーは視覚的に各周波数の情報を得る事が出来るツールです!また用途や自分好みに設定を行う事で、より快適に作業を行う事ができます!ミックスの際には非常に重宝するツールなのでぜひ参考にしてみてください!
タイトルとURLをコピーしました